ホーム>「Progress個別指導塾」について>よくあるご質問

よくあるご質問

どんな授業ですか?

1on1 少女 家庭教師a.jpg

 

1on1④中学女子.jpg

【1on1学習指導】

完全個別指導で教科内容を教えます

毎日の学習を取組み易くするための指導です

 

 

自習ノート③.jpg

自習 中学男子 教室.jpg

【Self-Study促進指導】

学習の仕方を教えて自習を促す指導です

毎日の学習改善しながら積み上げていく指導です

 

 

【短期特訓指導】

集団授業③.jpg

学校の長期休暇を有意義に学習する講習会です

 

 

 

 

なぜ「完全個別指導」なのですか?

◉Progress個別指導塾が進学塾だからです。

少女1on1正面.jpg

 

◎様々な生徒に丁寧な指導ができるからです。

理解が遅い生徒がいます。

逆に理解が速い生徒もいます。

質問するのが苦手な生徒もいます。

これらは、少人数でも授業の妨げになる要素になります。

しかし、これらの個性は学習能力です。

個性を活かすにはしっかりじっくり関われる完全個別指導が良いからです。

完全個別指導だからこそ沢山の「わかった」「良かった」を引き出せるのです。 

 

◎制限のある授業時間をフルに有効活用して必要なことをしっかり学んで欲しいからです

 

 

 

普通の「個別指導」と違うのですか?

◎違います!

ある程度学習ができる生徒であれば、指導時間が断然違います。

例えば、1対3の個別指導塾と比較した時、

「1on1学習指導」90分 = 生徒3人担当 ✕ 普通の個別指導での90分指導〔=1人当り30分が指導時間〕

したがって指導してもらえる内容量が違います。

時間に比例して量が増えるということもありますが、先生が他の生徒教える片手間の指導ではないので、講義がまとまった内容になります。

以上から学習の進み方が速くなります。

その分で、指導難易度を上げた問題の指導もうけられるようになります。

指導効果などそもそも用途が違います!

なお、学習塾がこの違いを知っているかどかを探ることは塾選びの際に役に立ちます。

当塾では完全個別指導に対して不完全個別指導と称して区別して説明しています。

 

 

他の学習塾との違いは何ですか?

自習 中学女子A.jpg自習指導 中学女子 .jpg

◎学習の仕方を教え、自宅でも「自分で頑張る学習」を普通にができるように指導をします!

自習ができれば学習の量を確保でき質も高めていけるからです。

生徒に自習ができるようになるまでの指導をしている塾は実は少ないのです。
だから塾によっては自習室を完備する必要があるのです。

 

 

なぜ自習を「指導」するのですか?

◎「自習」が学力の向上に不可欠だからです!

◎成績の好転や受験の合格に自習が不可欠だからです!

自宅で学習しないから、塾へ通わせるという方は多いです。

また、塾へ通わせれば学習の仕方を教えてもらえると思っている方も少なくないです。

しかし、実は学習の仕方を教えている塾は多くないのです。

塾で学習法を身につけるというのも少し勘違いがあります。

◎正しい自習は中々身につかないからです!

 

 

Progress個別指導塾の利点は何ですか?

◎完全個別指導で教科内容を受けられることです!

理解力が促進されます。

◎自宅で自力で学習できるようになることが期待できます!

自分で学習できる時間が増やせるようになれば、その分学力は上がるからです。

◎学習が自力で促進されることが期待されます!

自信と理解力が付けば、学習は重荷ではありません。

◎コミュニケーション力が養われることも期待されます!

意思疎通する経験は学習することを理解する上で大いに必要な能力だからす。

試験で問題を解答するのにも必要な能力です。

 

よくあるご質問

q 教科は選べますか?
a

選べます

入塾の際に指導をして欲しい教科を決めて頂いています。
さらに随時必要に応じて教科を増やして指導を受けてもらうことができます。
ご相談ください。

「1on1学習指導」は主要5教科の指導をしていますので、「苦手な科目を克服したい」「得意科目をさらに得意にしたい」など、生徒の要望に応じて教科を決めて下さい。
「Self-Study促進指導」は基本的に全教科が学習計画の対象になります

q 普段指導を受けてない教科をテスト前に受講することはできますか?
a

できます

教科や日程と指導回数が足りるかどうかなどを担当の先生と打ち合わせてから受講して下さい。
通常の指導時間では回数が足りなくなりそうな場合は、指導回数を必要なだけ増やすこともできます。

その時は事前に塾長に連絡相談してください。

q 部活動や習い事が忙しくて、通いきれるか心配です
a

みんな、部活や習い事をしながら通っています


家庭教師にしても教室の教科指導にしても、1対1の授業なので生徒の都合に合わせて授業日時を決めていただけます。
部活や習い事と両立できるように、曜日や時間帯を決めていただいています。

q 急な都合で塾を休まなくてはならない時は振替できますか?
a

できます

予め都合がわかっている場合は、事前に先生と直接打合せして振替日を決めて頂いています。
指導当日に急な用事ができた時は、連絡したその時か後日先生と打合せして振替日を決めていただいています

ただし、1時間前に連絡下されば振替できますが、それ以後は受講扱いになります。

q 人見知りする子なので先生との相性が心配です
a

フルタイム・マンツーマンの授業なので、先生が生徒に専念できますから、生徒が居心地の悪い思いをすることは無いと思います。
また、指導経験がある講師達なので、個性に合わせて指導してくれますから安心です。


尚、指導担当の変更は可能なので相性が合わないと感じた時は遠慮なくご相談下さい。

q 本当に学習が苦手で、はかどらない子です。
どこまで見てくれますか?
個別指導や集団授業の場合のように、比較的できる生徒のペースで進んでいくかれると放置されないか心配です。
a

生徒本人が諦めない限りとことん指導します。

そもそも1対1指導なので、本人が諦めないように励ましながら、生徒のペースで進められます
加えて、その生徒のペースを速くする可能性が1対1の徹底した丁寧な指導にはあります。

q 家では全く学習しないのですが、宿題は出されますか?
a

「1on1学習指導」の場合は、 その日の指導内容を復習してもらいますので、指導日毎に「宿題」が出ることになります。

「Self-Study促進指導」の場合 は、毎月学の習計画」とその記録に基いて毎日の学習が進められます。
予め計画されてますので毎日「課題」はあります。「塾の宿題」というのとは少し違います。

いずれにせよ、学校の宿題としてやれれば、一石二鳥です。
当塾では、できる限り当塾の課題を学校の宿題として提出してもらっています。
学校の授業の内容と同じことを指導しているので、分ける必要はありません。
むしろ学校の宿題の内容より充実した学習ができるようになると思います。
特に「Self-Study促進指導」では自習のための学習法を教えますので、ありきたりな学校の宿題も効果的な学習として取り組んでもらえると思います。

 結局のところ、学習を習慣化するには時間と訓練が必要です。
日々やるべきことを明確にして、やるべきことに取り組み易くしていくことが大切です。 最初から順調に進まないのが普通です。
そのための個別指導をしています。

q 先生は毎日違いますか?
a

同じです。「教科担任制」です

毎回同じ先生が指導に当たります。
学習状況を把握した上で、継続的に担当することで、一貫した指導方針で生徒が受業を受けられる方が効率的です。
講師にとってもやり甲斐と責任をもって指導できますから、生徒にとっても講師にとっても楽なはずです。

q 今、通っている塾と併用できますか?
a

できます

1対1の学習指導なので、教科内容の指導は可能です。
授業の分からない箇所や自習で取り組んだ問題で、解らなかったことを訊いてもらうのには最適です。
1対1の指導は授業が速く進められるので、同じ時間でも個別指導塾などに比較して多くの内容を教えてもらえる利点があります。

しかし、お勧めはしません。

他塾の指導方針(経営方針)は当塾と異なるため授業プランの併用が上手くいきません。どちらかの塾の方針を主にするかは、ご相談の上でということになりますが、生徒にとって授業時間が増えるのは、負担が増えることなので生徒には良くないことのようです。
負荷を掛けることと学習力向上が直接結びつかない時は、特に受験の時は疲労が蓄積されるだけなので気をつけたほうが良いと思います。

いずれにせよ、学習相談の時に詳細をお聞かせくだされば、具体的な授業プランを明示できると思います。

質問q 入学試験を受けます。
いつごろから通うのが良いですか?
質問a

早い方が良です。
早く初めて、早くできるようになるのが理想です。

学習を始めようと決意した時がベストタイミングです。
最初が肝心ですから、早くに学習の仕方を身につけて、できるだけ自分でできることを増やすことをお勧めします。

特に入学試験がある場合は競争ですから、早めに始めることが有利です。

早めに学習を始めることをおすすめする理由は、学習には時間がかかるからです。
自習が習慣化することに時間がかかるだけでなく、学習の成果が現れるのには、ある一定の時期があるからです。

 

q 月々の授業料はいくらいになりますか?
a

中学2年生を例にすると60分 〜4000円位です。
高校生から始める方は60分 4,000円〜になります。

中学生でも60分指導を週1回だけなら、4000円以上になりますが、当塾では通塾が早い程に、また指導回数が多くなる程に、さらに指導時間が60分<90分<120分と長くなる程に、幾分か料金を安くしています。

小学生で入塾した場合は中学生でも、60分 4000円以下〜です。
基本月額料金は2年間据置きされるからです。

因みに、学習塾を選別する時一般的な相場なら、小学生でも5,000円以上なら進学塾で、5000円以下なら補習塾です。

受講料の低廉化競争が顕著なので、一般的な相場より安くなっていますが、それでも当塾の周辺でも60分4000円以上なら進学塾、4000円以下なら補習塾の体裁を保てるところです。

改めて言及することではありませんが、受講料が低廉化するに連れて、指導内容の質量は低廉化します。

指導料金を低くすることは、塾としての信用に関わります。
学習指導の質とその維持が難しくなるからです。

基本的に毎月、授業料しか頂いていないので、これ以上料金は下げられません。

当塾は進学塾ですので、額面上で見れば、補習塾に比べたら高いと思われるかもしれません。
しかし、岡谷・諏訪周辺の学習塾に比べたら、格段に安いということはありませんが、格段に高いということも無いと思います。

なお具体的な月料金については、入塾相談の折に生徒の現状を踏まえた上でご提示させて頂いております。

 

q 授業料の他に費用はかかりますか?
a

入塾料は20,000円です

初めて正規入塾生として入塾される方は入塾料を頂いています。
以前ご兄弟姉妹が塾生だったり、再登塾の生徒さんは免除されます。

短期入塾生として入塾される方は、入塾料は頂きませんが、毎月申込更新料がかかります

教材は必要な時に、市販のものや塾専用のものを、購入して頂いています。
「テキスト代」として定期的に徴収することはありません。

他であるような「教室維持費」「光熱暖房補助費」のようなものは一切ありません。

 

q 教材はどのようなものを使用しますか? 費用はかかりますか?
a

教材のために毎月定期的に支払いが発生することはありません

基本的には、学校で支給された教材や以前の塾で使用していた教材など、生徒が既に所持している教材から使用できるもの選定して授業に用います。

学校や塾の授業に合わせて授業をするのではなく、生徒に、その個性に合わせて授業することを方針としています。
よって使用する教材については、生徒に適不適を考慮して、また進度の到達度に合わせて、使用する時期など優先順位を決めて授業に取り入れています。

したがって、必要になった時に、市販のものや塾専用のものを購入して頂いています。

 

なお、模擬試験の受験料と講習の受講料も受講受験するその時に料金を頂いています。

なお、学校や塾や自宅での学習についての他に進路のご相談はいつても無料で承けたわっています。

先ずは何でも相談して頂いて、当塾が役に立ちそうだと判断された時に入塾をお考え下さい。

 

受付時間以外でご質問のある方はこちらから

 

ページ上部へ