ホーム>「Progress個別指導塾」について>Progress個別指導塾と学習支援の種類>学習塾の授業の種類>集団指導

集団指導

「集団指導」の特徴

みんなが必ず経験する授業形態です!

集団授業③.jpg

「集団授業」は学校スタイルの指導です!

昔から多くの塾に見られる、講演型の学習支援形態です。

学校と同じ授業形態なので、昔から多くの人に馴染みのある指導形態です。

 

基本は1人の講師が複数の生徒に対して一斉に講義をする授業形態です。

授業の進度や内容の展開についての主導権は講師にあります。

生徒全員が同じ程度の内容を一定カリキュラムに沿って授業を受けられます。

学校と違うのは、習熟度別にクラス編成するので、講師のカリキュラム通りに授業が進められていきます。

塾では授業を妨げる生徒は基本的に排除されるので、授業に一体感が生まれます。

講師に呼応したとき、指導の効果が上があります。

 

緊張感

最初の内は、同じ学校の他教室の生徒や他の学校の生徒と同席するので、ある程度緊張感を以て講義を聞く事になります。

入試の時の状況に近似した、「親しくない集団の中で問題を解答しなくてはならない」という緊張感を体験できます。

しかし、学校と同で、教室が常に同じであれば、直に慣れて生徒同士が互いに馴染みになれば、緊張感が緩和されて、その分講義に集中できるようになります。

指導によっては、他校との交流ができる優越感も向学心の助けになる可能性もあります。

また、指導によっては、近い将来に同じ学校の生徒になる可能性というのも連帯感と安心感を醸し出します。

それゆえに、「同じ学校の生徒になれないかもしれない」という不安感と緊張感も発生しますが。

 

適性具合

負けず嫌いや自身の優秀性を他者に誇張したがる性格の競争心が旺盛なタイプの生徒には気持を学習に向けさせられ、動機付とそのが維持しやす好環境になります。

人見知りであったり、集団の中に居心地の良さを感じられない生徒にとっては、周りの人の思考や動作が気になって、その上自分に注意を向けれる苦痛に耐えなくてはならないという緊張感が学習の妨げになります。

見知らぬ人達の集団に馴染んで緊張感が緩和するのに、時間がかかる性格の人には、緊張感が続くj期間は学習能力の低下が見込まれるので、学習する上で好環境とは言えません。

学校で進級や進学する時にクラス替えがされ、馴染んだ環境が変わっていしまったことによって、学習不振状況が発生するのと同じです。

その時期にも授業はお構いなしに進んでいくので、学習上の「躓き」が起こり、その後の学習が一層滞るようになる可能性があります。

スケジュール通りに進むカリキュラムの授業なので進度は計画的で一定です。

しかし、理解できていない部分が有っても構わず進んでしまいます。

したがって、授業が不明にならないように予習をしたり、また授業の不明な点などは、講師に授業後に質問をするなど、自発的に学習する姿勢が求められます。

基本的に講義は一回限りになるので、関連師の理解が不足する時などは、自分で自力で学習する必要を求められます。

 

留意点

学校よりは選択の自由はありますが、カリキュラムやクラス編成をしている関係上、講師の交代は比較的難しい場合は多くなります。

学校と同じく、都合上授業を休んだ場合は振替授業が受けられません。

他の生徒の影響を受けやすくなります。

わからないところについては、学校よりも、気軽に質問できません。

学校よりは面倒見の良い対応を期待できますが、授業に遅れると追いつくのは難しくなります。

場合によっては、寧ろ学校の授業に追いつくことより難しくなります。

したがって、予習が必要になります。

しかしそれが、復習の妨げになることもあります。

自習機会を与える為には良いけれど、上手に自習できない生徒には、学校との並立が難しくなるので、その負担が学習を嫌厭させるきっかけにもなります。

 

費用感

1人の講師で多くの生徒を一斉に授業をするので、充分な指導になるかどうかは生徒の集中力と理解力によるところが大きくなります。

講師1人の費用を複数の生徒の授業料で賄えることと、講師の指導準備も負担が少ないので、額面上では授業料は比較的抑えめになります。

しかし、費用と効果の関係は生徒の学習力によるところが大きくなるので、塾に過剰に期待する時は、一概に「安い」とは言い切れない場合もあります。

ページ上部へ