ホーム>「Progress個別指導塾」について>Progress個別指導塾と他塾との比較>個別指導と他の比較

個別指導と他の比較

授業スタイルの種類と比較・その1

煩雑な学習スタイル比較の中から適した支援を選択するために

 

①学習塾の種類

 

学習塾に限らず、世間に学習支援の機会これだけ沢山あるのは、学習支援の方途に違いがあるからです。

生徒の目的の違いや学習状況の違いに応じて支援しようとして授業スタイルが採用されてきました。

よって、その種類ごとに長所と短所があります。

 

 先ず、学習塾は大まかに分けて2つあります。

「補習塾」と「進学塾」です。

 

 

「補習塾」は学校の授業の補習を目的とした指導をする学習塾です。

 

学校の授業の受け直しや理解不足を補う指導を受けられます。

 

授業で履修した問題が試験に出る定期試験の対策の学習ができます。

 

学校の授業に不安がある方、学校の授業についていけるか心配な方は此方を選択すればよいでしょう。

 

 

「進学塾」は進学を目的とした指導をする学習塾です。

 

受験対策のために「補習塾」と同じこともします。

 

その過程で、受験を見据えて定期試験対策の学習をします。

 

学校の授業では充分取り扱わなくても、試験に出されやすい問題や授業で履修した範囲で、受験に必要になる問題解法を学習します。

 

将来進学をするなら、こちらを選択すればよいでしょう

 

 

 

②集団授業と個別授業

 

次に、授業スタイルも、大まかに分けて2つあります。

 

「集団授業」と「個別授業」です。

 

個別授業 1対1.gif 1対3.gif プリント指導.gif
集団授業 集団授業.gif 動画講義.gif  

 

「集団授業」は学校スタイルの指導です。

 

集団授業③.jpg

先生が1人で複数の生徒を一斉に指導します。

 

先生のペースで授業が進むので、ある程度のレベルのまとまった授業内容を時間いっぱい受けられます。

先生についていける理解力がある子はこちらを選択すればよいでしょう。

 

 

「個別授業」は先生が生徒を個人個人を別個に指導します。

 

生徒のペースで授業が進むので、生徒にとって理解しやすい指導が受けられます。

 

理解力に自信がない子や自分のペースで進めて欲しい子は

此方を選択すればよいでしょう。

 

少人数(1対2〜3)個別指導

近頃は、この個別指導の学習塾が増えました。

集団授業より個別指導に期待が寄せられ

ていることが伺えます。

 

また、生徒を個別に指導することの利便性が認められているものと見て取れるでしょう。

 

 

➡集団授業と個別指導の比較

完全個別指導   個別指導   集団授業
1対1.gif 1対3.gif 集団授業.gif
額面上の料金は他より高い 生徒が複数であれば、額面上の料金は1対1より安い 生徒の数が多くなればなるほど額面上の料金は安くなる

授業時間と指導時間が同じ
授業に専念できる分受講内容は多くなる

授業時間より指導時間が少ない
その分受講内容は少なくなる
授業時間と指導時間が同じ
講義についていければ1対1の授業になる

 

一般的に学習塾の授業の受け安さや内容の理解のしやすさについては、

完全個別指導
(1対1学習指と家庭教師)

不完全個別指導
(1対2・3人指導)

集団授業
(学校・予備校など)

このような印象を持たれているかもしれません。

 

しかし実際は、

完全個別指導 集団授業 不完全個別指導

このようになります。

 

実は、集団授業塾の方が不完全個別指導塾より内容が充実した授業を受けることができます。

計画的な授業ができるので、時間に無駄がないのは集団授業の利点です。

受験対策学習には打って付けですから、予備校はこのスタイルです。

 

生徒が先生の説明を理解できるという前提付きですが、理解力別に生徒を振り分けて、生徒が先生の授業についていける態勢を作れば、共感と競争の原理も働いて、不完全個別指導よりも効果的な指導ができます。

 

よって、不完全個別指導の方が集団授業より良いというのは勘違いです。

尚、学校はこの集団授業の利点を生かせていないように思われます。

 

 

③完全個別指導と不完全個別指導

 

そして、個別指導も大まかに分けて2つあります。

「完全個別指導」と「不完全個別指導」です。

 

完全個別指導 不完全個別指導
1対1.gif 1対2.gif 1対3.gif

 

「完全個別指導」は元来からある家庭教師スタイルの指導で、いわゆるマンツーマン指導です。(フルタイム・マンツーマン)

 

生徒が先生から1対1で終始時間いっぱい授業を受けられる指導です。


1on1家庭教師①小学女子.jpg

生徒一人に時間を掛けられるので短時間でも内容の充実した授業ができます。

 

学習の遅れを気にしている生徒には役立ちます。

受験生の学習支援に向いてます。

 

 

「不完全個別指導」は昔の分校や近頃の過疎化の進む地域の小学校でも行われている授業スタイルです。(パートタイム・マンツーマン)

 

複数の生徒が一緒の時間内に先生から別個に授業を受ける指導です。

 

1to2①中学男女.jpg

塾の中には授業人数を少なくしただけのものを「個別指導」と称しているところもあります。

 

複数の生徒を見るので授業時間と内容が制限されます。

 

学校の授業の補習や復習を目的に通塾するなら最適です。

 

 

現在普通に「個別指導」といえば、先生が生徒を1対1で授業をするものと思われています。

 

確かに生徒は学習内容の解説を別個に見てもらえて、学校や集団指導塾よりは丁寧でわかりやすい指導を受けられます。

 

しかし実際は、家庭教師のように時間一杯個人に付きっ切りで指導をするスタイルではありませんから、集団授業よりは指導は解りやすくても、授業としては充分ではありません。

 

寧ろ時間も内容も足りなくなるかもしれません。

 

➡完全個別指導と不完全個別指導の比較

完全個別指導   不完全個別指導

1対1.gif

1対3.gif
指導のしやすさ=理解のしやすさ 指導のしやすさ=理解のしやすさ
指導内容の量/進捗度合い/難易度 指導内容の量/進捗度合い/難易度
指導単価 指導単価

 

次に、授業の受け安さや内容の理解のしやすさについてですが、

完全個別指導

不完全個別指導

 

一般的には、このように思われているかもしれません。

これも実は違います。

これも勘違いです。

顕著な違いは、先生の担当する生徒の人数です。

 

当然ながら人数が少なくなれば生徒はその分、充分な指導を受けられます。

先生と生徒が授業への専念のしかたが違いますから、学習のはかどり方が違ってきます。

「できが悪い」と思われている生徒ほどその違いが顕著になる傾向にあるようです(時間はかかりますが…)。

 

1対2と1対3は同じです。

大差ありません。

しかし1対1とは別物です。

教えたことのある人、教わったことのある人はその違いが明確にわかります。

 

「教える者と教わる者が指導に専念できる授業」より、「他の生徒の片手間で指導をする授業」の方が良い授業だと考える根拠はどこにあるのでしょうか?

 

☓.jpg

よって、不完全個別指導と完全個別指導の短所と長所をよく承知していれば、「1対1の指導」と「1対2以上の指導」を同等に並べて、どちらか生徒に選択をさせることはありえません。

 

なお、当塾では別物として扱っています。

 

 

マンツーマンスタイル セルフスタディースタイル スペシャルトレーニング
「1on1学習指導」目次へ 「Self-Study促進指導」目次へ 「Small Class指導」など目次へ
    学習のお悩み相談 申込予約へ

 

授業スタイルの種類と比較・その2

学力向上へのアプローチ!

きめ細やかな指導が功を奏する

1on1少女①家庭教師a.jpg

 

 

先生を独り占めして学習効率UP!

 “君のためだけ”の授業を享受

 

 

 

 

 

④「完全個別指導」と「1on1学習指導」

 

 

Progress個別指導塾は将来に有望な生徒達の進学を支援する学習塾です。

 

そのために生徒を指導をする上で比較的効果的な指導スタイルである「完全個別指導」(フルタイム・マンツーマン)を授業に採用しています。 

 それが「1on1学習指導」です。

 

ただし「1to1」ではなく「1on1」です。

 

微妙な違いですが、それは単純に、先生の担当する生徒の人数の少なさによる利点だけを言っているのではありません。

 

良い授業を受けてもらうために、生徒の個性を重んじて指導を行っていることを意味します。

 

とことん親身になって指導することを意味します。

 

幸いな事に、当塾には、そのように思って指導をしたいという先生が集まってくれています。

 

授業に専念できるというのは、生徒にとって良いだけでなく、先生にとっても良いのです。

 

長く個別指導に携わって来た人は完全個別指導を好みます。

 

授業に与し易いからということだけではなく、本当に生徒の学力向上のことを思うと、中途半端な授業では物足りなくなってくるのです。

 

これまでの指導経験からも確かなことは、完全個別指導(フルタイム・マンツーマン)で学習した生徒達の方が、学習に対する姿勢に明らかな変化が見られます。

 

だから、手応えが違います。

自然とやり甲斐が湧いてきます。

 

力の入れようも当然変わります。

多くの生徒が比較的早くから積極的に授業を受けてくれるようになります。

 

自分の本領を発揮して授業ができている充足感があります。

1on1少女①母enjoy.jpg

生徒が自宅での学習にも取り組めるようになりますから、さらに授業が充実してきます。

 

そうするともっと指導が面白くなるのです。

 

先生にとって良い指導は、当然生徒にとって良い指導です。

 

生徒だけでなく、先生も成長するのが完全個別指導の「1on1学習指導」ということです。

 

やはり、塾で学習するなら、生徒も先生も指導に専念できるフルタイム・マンツーマン指導が安心だと思います。

◯.jpg

 

わからない事は「知っている人に訊く」という学習法を最大限活かせる授業スタイルです。

 

 

⑤「1on1学習指導」と「Self-Study促進個別指導」

 

完全個別指導にも欠点があります

そこで、当塾では…

1対1.gif

Self-Study指導.gif

 

「Self-Study促進指導」(自習を促進するための個別指導)と称して、自習の改善指導を設けました。

 

自習が上達すれば、教科書や参考書、問題集の解説書も自分専任の講師になります。

つまりそれが、「自習=学習のあるべき姿」です。

それを自宅でできるようになれば、何時でも頼めるWティーチングの家庭教師にすることができます。

1on1併用Self-Study.gif

Self-Study指導だけ.gif

学習が苦手なら学習内容と学習の仕方を教えてもらう  

充実した自習が終始一貫してできることが理想

 

自習中学女子①.jpg

 

「自習」は自分で自分に教える学習なので、一番親身になれる「1on1」の完全個別指導です。

それがProgress個別指導塾が塾生に目指してほしいゴールです。

 

 

 

 

マンツーマンスタイル セルフスタディースタイル スペシャルトレーニング
「1on1学習指導」目次へ 「Self-Study促進指導」目次へ 「Small Class指導」など目次へ
     
    学習のお悩み相談 申込予約へ

 

「Self-Study促進指導」と他塾の「自習室」と比較

「Progeress個別指導塾」の自習スペース

 

目的は教室で自習改善トレーニングする

 

自習女子の手②後.jpg

 

 

勉強=自習

 

塾で学習するのではなく

自宅で自力で学習をする為に

 

 

 

 

 

 

学習塾の「自習室」とは違います

 

プリントやある決まった教材を生徒に解かせる実習スタイルの学習教室とも違います

 

 

強いて言えば、双方を融合したような実習・自習教室といったところでしょうか。

 

 

他塾自習室.gif プリント指導.gif Self-Study指導だけ.gif
指導で使う教材を復習   必要な問題をレベル毎に与えて演習させる   必要な問題をレベルに合わせた教材で演習する
指導で使う教材も計画に入れて復習する

 

 

学校の試験の成果を出すために、「生徒のすべき学習を予習から復習まで全てを塾でする」という学習塾もあります。

 

そういう方法もあると思います。

 

私も1部賛同はしますが、それではいくら時間とお金が有っても足りません。

 

現実的でありません。

 

それに、それでは自立学習の支援になりません。

 

だから、当塾では採用しません。

 

 

 

勉強=自習

自習男子①手

 

基本は自力で学習することです。

学校でも塾でもなく、基本的には自宅でできることが理想です。

 

よって、生徒が塾にいる時だけ学習をするのではなく、自宅でも学習を充実させるのが当塾の指導の目標です。

 

「なるだけ生徒を通わさせて塾で学習させる」という学習塾の方針とは全く違います。

 

Self-Study指導サポート.gif

当塾では、「自習」は塾や学校の授業に付いてくるものではなく、むしろ「自習」に学校や塾が付いていると考えます。

 

学校とか塾などはそもそも「自習」を助けるものと考えています。

 

 

 

 

ところで「学習法」の1つに、「知っている人に訊く」と言うものがあります。

 

だから、「自習」においても学習の仕方を上手にできている人から訊いてしまえばよいのです。

 

 

「Self-Study促進指導」は効果的な学習法にたどりついた人からその方法を倣って、実践するものです。

 

1つ2つの学習法ではないので、適宜生徒に指導を施す必要があります。

教室で効果が実証済みの学習法を指導してもらい学習を進めます。

 

 

 

 

マンツーマンスタイル セルフスタディースタイル スペシャルトレーニング
「1on1学習指導」目次へ 「Self-Study促進指導」目次へ 「Small Class指導」など目次へ
     
    学習のお悩み相談 申込予約へ

 

ページ上部へ