ホーム>「Progress個別指導塾」について>スタッフルーム>Self-Study促進指導 補記

Self-Study促進指導 補記

「自習」について

「勉強」の基本は「自習」

 

中学女子 自習 図書室 集中.jpg

成績を良くするには授業の復習をすることです。

試験で高得点を取るためには試験勉強をすることです。

いずれも「自習」です。

その「自習」を修得するには時間と手間がかかります。

 これまで学習指導に携わってきた経験から、「自習」できる生徒とそうでない生徒とでは、学習成果に差があることを見てきました。

当然、学校の定期試験の結果にも違いが現れます。
入試の追込みや合否にも結果として現れます。

さらに、自習する生徒でも、「自習」が上手な生徒と下手な生徒とでは、その学習に差がありました。

学校の宿題も取り組み方一工夫で、学習効果は変わります。
部活動などで忙しい生徒には、「時間をどう使うか」が大切です。

効果が違えばやり甲斐が違ってきます。
やり甲斐が感じられれば、学習する気にもなります。
誰でも、無意味なことには手間暇かけたくないものですから。

 

 

差が現れるから「自習」をさせる

学習塾にとって、取分け進学塾にとっては、生徒に如何に「自分で学習」をさせるかは共通の課題です。

したがって、近頃の進学塾には大抵「自習室」が備えられています。

生徒の進学を確かなものにする策として、「自習」をさせることに配慮している現れです。

それは、定期試験や入学試験など、学習の成果を問われる時期に、自発的に「学習する機会」を増やさなければならないのに、自宅での学習が進められない生徒が少なくないことを物語っています。

だから、「学習はできるだけ、塾でしましょう!」という提案も持ち上がるわけです。私もその提案には賛同します。

いずれにせよ、何処の塾でも「学習で成果を出す」ためには、「自習」することを重要視していることは伺い知れると思います。

 

 

解りやすく教わっても自から復習しなくては身につかない

「『わかる』➡『できる』」のは、学習に自力で取り組む時です。

教わり方は色々ありますが、結局「学習」は教わるだけでは身につきません。
教わって、わかっただけで「自習」しなくてよいということはありません。
いつか忘れてしまうからです。
常に復習の必要があります。

また、「教科内容の指導を受けていれば、いつか自然と自習ができるようになる」というものでもありません。
講師の講義を理解することと、自力で教科内容を理解することとは違うからです。

 そして、塾の教科指導を受けているだけでは、時間と経済的な制限から、学校で履修する全てを履修しきれません。
自分で学習を進めなくては、全範囲の履修を網羅できないからです。

結局、自力で取組んだ分でしか、試験などの成果は上げられないのです。

だからこそ、「自宅で自力で学習ができる」ことに価値があるのです。

 

「『自習』を『指導する』」ことについて

 

「自習」を支援することが学習支援


学習で成果を求めるなら、「自習」を充実させることです。

それには「正しく学習すること」を知り、実際に実践を継続することです。

だから「自分で学習ができる」ようになるのには時間がかかります。

従って、受験の備えは早い方が得策です。

「自習」を家族に習えなければ、誰かに習うことです。

 

その役を担うためにProgress個別指導塾は自習指導を始めました。

「自習」指導をする経緯

学習の基本は「自習」

だからこそ成果も「自習」で決まる

 

中学女子 自習 集中jpg

成績を良くするために学校の授業の予習・復習することは「自習」です。

それから、志望校に合格するための決めては、如何に「自習」したかです。

 

つまり、自習をないがしろにして、成績の好転や受験の合格は果たし得ないということです。

これまで個別指導に携わってきた経験からも、実際、普段から自習をしている生徒とそうでない生徒では、その成果の現れ方が明らかに異なりました。

自習ができる生徒の方が、教科指導を活かせていました。

だから「自習」を指導することにしました。

 

 

「自習」指導の必要性

自習についての誤解を晴らすところから始める

 

高校女子 授業 think.jpg

「自習」については誤解があるようです。

先ず、「わざわざ塾にまで通って『自習』の仕方など習わなくても、学校に通っていれば勉強の仕方など身につく」と思っている。

また、「塾に通っているのだから学習の仕方は教えてもらっている」と思っている。

実際、学校や塾で、自宅学習の仕方を習いますか?

それなら、毎日自主的に学習できていますか?

定期試験で平均点以上の結果をいつも出せていますか?

 

 みんなと等しく授業を受けていて、自習ができるようにならなのはなぜでしょうか?

学校の授業で進める学習は授業を成立させる為の学習方法であり、自宅学習用の学習方法では無いからです。

それは学習塾も同様の場合があります。

「能力が足りない」とか「努力が足りないとい」うのではなく、学校の授業で「自習」を身につけられる人は多く無いのです。

それが現実であり、必然です。

 

教材②.jpg

だから、成績を良くするために、または志望校に合格するためには、各家庭で対策を施さなくてはならないわけです。

そこでよくあるのが、市販の教材をあてがって、ガムシャラに問題を解かせる方法です。

通信講座や塾でもこうした指導をしているところがありますが、これで「自習を促している」と思っているのは誤りです。

成果につながらない努力は、学習を愉しむ事に繋がりません。

愉しめない事は長続きしませんから、身につくこともありません。

したがって、偶発的に自習が身についたりすることはありません。

ましてや、普段からあまり学習に興味がない人の「自習」が突然上達することもありえません。

 

「自習」を習慣にするために

「自習」を倣うことから始める

自習が大事で必要であることがわかったところで、どうしたら自習を生活の一部にできるでしょうか?
高校女子 自習 教室 think.jpg

毎日きちっと学習をさせる癖をつけることです。

家族が躾がしつければ「自習」は身に付きます。

 

学習することを習慣にしている家族がいない場合は、「いつかやる気になるだろう。」「もう少し時間がたてば自分で学習できるようになるだろう。」といって放置されてしまう場合が多いように見受けられます。

時間が解決してくれることはありませんから、大事な時期になって決定的な結果を出すことは望めません。

 

自習を躾けてくれる家族がいなければ、「学習方法」教えてくれる人から習い、実践することです。

 通塾したり通信講座をしている場合でも、いたずらに時間を過ごしているだけでは、自力学習ができるようにはなりません。

結局、自習も学習と同じで、知っている人から聞くことは有効な手段です。
そして知ったからには、実践することです。

方法が確かで地道な努力があれば、時間が味方してくれます。

実際それで、「もっと早く来てくれていればよかったのに…」という受験生でも、なんとかなった生徒に幾人も出会ってきました。

元々「やればできる」のですから当然ですが。

 

高校女子 自習 教室 悩む.jpg

普段学習をしていない人の中には、「勉強は受験生になってから」と思っている人もいるようです。

しかし、普段学習していない人が、いざその時になって学習できるでしょうか?

そもそも、入学試験は、学校の定期試験の時とは範囲も難易度も異なります。

定期試験の時のように直前でなんとかできるような問題は出されません。

基礎から応用問題まで様々な形式で出題されます。

そこで、せめて「理科や社会は暗記すれば点は取れるから!」などと、簡単に言う人がいます。

一理ありますが、それは全てではありません。

そもそも、全ての科目で覚える必要があります。

理科や社会だけでなく、国語も数学(算数)も英語も暗記しなくてはならない科目です。

覚えておくだけで答えられる問題が試験に出されるなら、何ら心配は要りません。

 

高校女子 自習 教室 お困り.jpg

そうではないから困るのではないですか?

実際、最近では「思考力を問う」問題というのが出題されています。

「読解力」も必要です。

試験が暗記だけでは解答できないようになってきているのです。

「覚えること自体が楽ではない」という生徒もいます。
「覚えられない」から困っているのです。

その上「何をどう考えなくてはならないか」と、困っているのです。

したがって、家族の「勉強しなさい!」の一言だけでは、学習する気は起きないのです。

 

自宅で自力で毎日学習した方が良いことは当の本人が一番よくわかっているのです。
「勉強しなさい。」と言われて、学習しないのは親を嫌って反抗しているのではないのです。

どうしたらよいか困っているから動けないでいるのです。

ためしに、「〇〇を△△して、やってみなさい。」と方法と目的を具体的に明確にして、学習を促してみて下さい。

きっと、いつもの素直なわが子がそこにいますから。

 

ちなみに、この時に、学習を無理強いしたり、成果のでない演り方を教えると親としての信用を失います。

そして、本格的に反抗するようになりますから、お気をつけて!

高校女子 ネット検索.jpg

つまり、「学習の方法がわかっていない」ことが問題なのだということです。

「学習の仕方に困っている」ことに気が付いてくれないことと、それに苛立って居ることに、先ず気が付いてあげて欲しいと思います。

「自分は学習で困っている、けれど親には心配かけたくないから自分から言えない。」と親を気遣っています。

そんな良い子に対して親は一言、「勉強しなさい!あなたのために言っているのよ!」と言い放ちます。
後は、どうなるかもうおわかりでしょう。

…。

当塾にはこうした、学習に対して、こじれた事態になってから、受験勉強を始める生徒が来ることがあります。
そのような指導もしていますが、楽ではありません。

受験まで時間が足りない時は、「どれだけの成果が期待できるだろうか?」といつも頭を抱えます。

高校女子 自習 自信 正面.jpg

何かを成し遂げるときにはある程度の時間は必要だからです。

翻って言えば時間があれば何とかなります。

だから学習が受験準備のものなら早めに始めた方が得策です!

これは声を大にして言いたいことです!

 

「Self-Study促進指導」を受ける利点

 

 

 

「学習計画がある」→学習が計画的に進められる

学校に通っている生徒は学習以外に忙しく、意外に暇ではないのです。

複数教科を自宅学習するには、予め優先順位を決めておかなければ、月々日々に無為に時間が過ぎていきます。

学校の授業は後戻りせず進むからです。

もたもたしていると、定期試験などの準備もできません。

 

➡学習計画がある効果

限られた時間で学習量を増やさなくてはならない時ほど計画は不可欠です。

忙しい人こそ計画があると、時間が有効活用できます。

演るべき学習が毎日明確になります。

「今日は何をしようか?」と迷っている間に1つ終わります。

 また、毎日の学習量が具体的で明確になっているので、「いつまでも、学習が終わらない」という不安からは開放されます。

計画が立ててあるからこそ、急な日程の変更があた時にも臨機応変できます。

 学習が疎かになることはなくなります。

予め計画があるからこそ、履修範囲全体の見直しも可能になります。

 計画を立てる段階で、常に全範囲を学習できるようにしてあるので、得意不得意関係なく偏りなく学習できます。

 

 そして、やり遂げられれば、達成感が残ります。

それがまた継続の意欲につながります。

 

 

 「『学習法』の指導がある」→学習の進め方を予め指導してもらえる

学校や塾で渡されたワークさえ演っておくだけで充分と思っている生徒は多い。
というより、そう思いたいだけですが…。

とにかく、何でも演れば学力がつくと思っている生徒は多い。

 そんなに単純なことなら誰も困りませんが…。

家庭教師や塾に通っていさえすれば充分な学習ができていると思っている生徒は多い。

自分で地道に学習に取組むときに学力は向上するのです。

学校や塾の授業を受けたから「できる」ようになるのではありません。

また「自主学習」が大事だとわかっていても、その学習の仕方を知っている生徒は多くはない。

自習を学校や塾でも教えられる機会は稀だからです。

 

➡「学習の仕方」を教わる効果

 毎月立てる学習計画を遂行するために、また継続できるようにするために随時助言もします。

教材は生徒のレベルに合わせたものを使用し、教材の取り扱い方と取り組み方も予め説明します。

教材に取組む意図を伝えますから、これが達成すべき具体的な目標になります。

以上、自習をできるようにするために能率よく学習する方法を実践指導します。

教材の使い方から達成目標まで具体的な指示があるので学習の実践に専念できます。 

 

毎日の学習内容が明確なので実践することが授業の補習と復習にもなります。

そのまま試験対策にもなりますから、当然、試験の直前に慌てなくて済ます。

そしていつか、教材が上手に使えるようになれば、自分自身で「1on1学習指導」ができるようになることになります。

 これが一番の目標です。

 

 

「 教室で『自習トレーニング』の機会が与えられる」→自宅で学習を続けられるようになる

普通に「演りたくない学習を演る」のは苦痛です。

 演り方を知らなければなおのこと億劫です。

従って、「できない」ことを無理にやろうとすれば失敗します。

 普通、失敗はしたくないから、挑戦を避けるようになるのは、誰にでもあることです。

このような状況を放置しておいて、自分で学習ができるようになるわけはありません。

それでは、学習を好きにできるわけがないのです。

こうして、勉強嫌いは経験的に培われてゆくのです。

 

➡教室の自習スペースを利用する効果

学習の仕方がわかっていて、毎日するべきことが明確である。

 挑戦する目標があるから、取組む意味もある。

そのような条件で、学習を実践すれば当然達成感があります。

当塾の教室で自宅学習の予行演習をすることで、「教室でできたことを同じように自宅でやる。」という気持をたせられます。
それを繰り返して、「自分で学習できた。」という体験を積む流れに載せられます。

また、教室には同じ境遇の生徒がいるので、「人ができることは自分もできる」という感情と、また「1人だけやらずにいると、いたたまれなくなる」ため、つられて学習すると一人でいる時よりもはかどるので、普段の自分のペースが上がる可能性もあります。

自習実践すれば褒めてもらえます。
「自習」しただけで褒めてもらえますから、続けることを厭わなくなります。
褒められることは再々したくなるものだからです。
褒められる経験が増えることになりますから、自信と自尊心を育むことにも通じます。
褒められて悪い気のする人はいませんから。

「失敗から学ぶ!」ことも「自習の醍醐味」であると指導します。
事実大事な体験です。
そうすれば”失敗も成功の内”失敗を恐れなくなれば心が強くなるでしょう。
挑戦し続ける姿勢が心にゆとりを育みます。

計画通りできなければ、その原因を一緒に考え、続けて進められるように対策します。

以上のような体験の機会を与えられます。

 

 

「自習スペースは自由使用ではない」→教室での自習時間に制限がある

 

当塾の自習スペースは他塾のように無料で時間制限もなく自由に使用できる場所ではありません。
自習は自宅でするものであるというのが、当塾の自立学習のための指導方針だからです。

従って、当塾の「自習トレーニング」は時間制限内で行われます。

そもそも普通に「学習できる時間」は無限ではありません。
特に試験には制限時間があります。
時間内にどれだけの事ができるのかが測られています。
それがテストのルールでもあります。

 

➡時間の有効活用を練習する

学習が計画的に進められることに加えて、当塾の自習スペースには時間制限を設けてあります。

時間以内に終わらせることを意識させるためです。

それは、試験が時間制限内で行われることにも関係します。

学習の習得には時間が不可欠ですが、時間を掛け過ぎれば逆効果になる場合もあります。

学習には気力と体力も必要なので、効率よくできれば時間と気力と体力にも余裕が生まれます。

そうすれば、無理な学習をしなくて良くなるので、続けられるようになります。

故に、受験勉強を始めた生徒が、その学習の遅れがあっても、時間を有効に使えるようになるから追いつけるのです。

 

 「個別指導を併せて学習できる」
→「完全個別指導」〔フルタイム・マンツーマン〕の欠点を補える

完全個別指導は丁寧で解りやすい指導を受けられるのが、利点です。
しかし同時に、人に頼りがちになるのが、欠点です。

「自習」なので人を頼りがちにならないようにできます。
 自分でできることを増やせます。

 

➡全教科の学習支援ができる

学習支援は上手に用いるのが得策です。
必要な時に教科指導をフルタイム・マンツーマンでしっかり授業を受ける。

学習の煩わしさから開放された分、自分でできることに専念できます。
後は極力自分で学習する。

学習の仕方や助言を受けながら自主学習を生活の一部にできます。

自分で学習を進められるのであれば、教科指導を必要としなくて済みます。
全教科の学習を自分で網羅することができます。

 

 

 

 

1on1学習指導とSelf-Study促進指導

全教科の学習指導をフルタイム・マンツーマン指導で受講できれば、どれ程の学習量が短期間で受講できることでしょう。

生徒にとってもその方が、学校でいろいろ気を負いながら学習するよりも、断然楽なはずです。

しかしそれは理想ですが、現実的ではありません。

それにマンツーマン指導の利点は、欠点にも成り得ます。

つまり、丁寧で親切な指導は助けにはなりますが、度が過ぎると生徒が試行しようとする意欲を削ぎます。

それでも、自律学習を妨げます。

先生が良かれと思って頑張れば頑張るほど、生徒の自発的な思考力を弱めてしまうきらいがあります。

そこで「Progress個別指導塾」では学習指導と自習指導を併せて行うことを提案します。

自分で学習させる仕組みを与え、自分で調べ、考え、試行する機会を設ければ、自発的学習の訓練をさせられます。

『「Self-Study促進指導」+「1on1学習指導」』は、苦手な教科は指導してもらって、得意な教科や自分で進めた方が良い教科は自分自身で進められるようにするものです。

 そうすれば指導にかかる料金も抑えられます。

自習は最も経済的な学習支援です。 

自習できるようにすることは、学習支援を経済的に行うことに通じると思います。

それは将来に最も役立つ学習支援だとも思います。

 

 

 

ページ上部へ